愛息子の晴れ舞台で笑顔と涙と、たくさんのありがとう。

とうとうやって来ました。ぽかぽかのお天気の日。
先日、愛息子の卒園式がありました。
朝からパパとママ。そして、本日の主役の次男君。
目一杯のお洒落をして、思い出の詰まった保育園に出発です。ただ、いつもと違うのが「今日もお願いします。」
じゃなくて、「今までありがとう。」気持ちで保育園に向かうという事。それだけで少し涙が溢れそうな泣き虫な私です。保育園に到着して、クラスのお友達みんながいつもの体操服でなく、スーツや清楚なワンピース。
それを見て、あぁ、とうとうこの日がやって来たんだなと実感が湧きました。
式が始まり、早速の卒園証書授与。音楽が流れ、一人ずつ先生に名前を呼ばれ、「はいっ!」と、それはそれは素敵なお返事。とうとう息子の名前を呼ばれて、息子の「はいっ!」という力強い大きな返事を聞き、小さかった頃の、まだまだ守ってあげなきゃ!っと腕にすっぽり収まっていた息子を思い出し、こんなに大きくなったんだな…と感動して涙が溢れました。その後も、式は進み、卒園の言葉も、お歌も、もう言葉にはならない程の感動と喜びでいっぱいでした。
感動で涙が溢れて止まらない私とは反対に、これからの未来に期待でいっぱいの笑顔の息子。
その笑顔にいつも救われている私。この笑顔をずっとずっと守っていこうと改めて思いました。
きっと小学校になって大きな壁にぶつかる日が来るだろうと思います。そんな時はパパもママも一緒に悩んであげるからね。一緒に強くなっていこうね。
大切な我が子を抱きしめ、心に誓いました。
そんな素敵な日を最愛の愛息子と迎える事が出来て私は本当に幸せです。笑顔でこれからの未来を期待して歩んで行きたいと思わせてくれた息子に心から感謝です。
たくさんの感動とありがとうがたくさん詰まった最高の卒園式になりました。http://www.kingsgroup.jp/