独立リーグに入団するマニーラミレスが目指すのはNPB

プロ野球独立リーグのひとつである四国アイランドリーグPlusの高知ファイティングドッグスの加入するマニーラミレスが来日、入団会見を行いNPBを目指すかとの質問に対し「もちろんそのつもりだ」と答えました。ラミレスと言えばメジャーで555本の本塁打を放ち、通算打率も3割を超えるという超一流のバッターですが、ドーピング違反で出場停止となるなど問題も多かった選手です。現在の年齢が44歳で、ここ数年は台湾で野球をしたり、メジャーでコーチをしたりしていましたが、なぜかこのタイミングで日本で、しかも独立リーグでプレーという、マニーラミレスらしい気まぐれとも取れる参戦となりました。ラミレスの胸中はラミレスにしかわかりませんが、日本球界、特に四国アイランドリーグにとっては、絶好の機会となったのではないでしょうか。年齢的に44歳と言ってもラミレスの打撃を実際に日本で見られるという機会は普通に考えればなかったと思います。思いがけず巡ってきたこのチャンスをしっかりと活かして、ラミレスだけではなくNPBを目指す独立リーグの選手たちや観戦に来る子供たちに夢を与えてもらいたいと思います。http://xn--eckrh3f3cub8dycuar9db0j.xyz